当サイトは広告を掲載しています。

ノンフライヤー(エアフライヤー)で魚を焼いたのでレビューします

ノンフライヤー(エアフライヤー)Innsky

先日購入したノンフライヤーで魚を焼いたので、レビューしていきたいと思います。

contents

魚モードがあります

購入したノンフライヤーには、魚モードがあります。

さっそく「鮭」と「銀ダラ」を焼いてみました。

ノンフライヤー(エアフライヤー)Innskyで魚を焼いてみた

こちらは、安くておいしい!と有名な「角上魚類」で買ってきた「鮭」と「銀ダラ」。

どちらも西京漬けです。

角上魚類の切り身魚は、普通のスーパーで買うよりも大きめサイズ!

ななめに並べてギリギリ入るといった感じです。

うさ

普通のスーパーで売っている切り身なら余裕で入ると思います。

魚モードは、200℃/10分となっています。

はじめに予熱、つぎにクッキングシートを敷き、その上に切り身を並べます。

魚モードを選択し、調理スタートです。

ノンフライヤー(エアフライヤー)Innskyで魚を焼いてみた

5分程たったところで一時停止をして、ひっくり返します。

既にいい色です。

再度スタートボタンを押して、残り5分調理します。

ノンフライヤー(エアフライヤー)Innskyで魚を焼いてみた

計10分で、調理完了です。

うさ

いい焼き色♡

ノンフライヤー(エアフライヤー)Innskyで鮭の西京焼き
鮭の西京焼き

皮もパリパリに焼けているので、丸ごといけちゃいます。

ノンフライヤー(エアフライヤー)Innskyで銀鱈の西京焼き
銀鱈の西京焼き

身もふっくらとしていて、とてもおいしくいただきました。

お魚もノンフライヤーでいけることが分かりました。

というか、フライパンで焼くよりノンフライヤーの方がおいしいです。

ぜひお試しください。

うさ

自信を持っておすすめします!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
contents