【カタール航空】ドーハ空港のペットボトルの水が高いけど買うしかない件

今年のゴールデンウィークに、ヨーロッパを旅行してきました。

カタール航空を利用したのですが、乗り継ぎで滞在したドーハ・ハマド国際空港の物価が高くて驚きました。

contents

価格は日本の3倍!?

エビアン500mlの価格

QR12/US$3.31

カタールの通貨ではピンときませんでしたが、USドルはたしか1ドル=110円ぐらい。

ということは、3.31ドル×110円=364円

…た、高い。

カタールの通貨も調べてみると、1QAR(カタール・リヤル)=約30円なので

12QAR×30円=360円

500mlの水が、360円ですか…。

日本では3本買えるなと思いながらも、喉が渇いているので仕方なく購入。

買うしかないのです。

飲み物を買うしかない理由

飲み物を買うしかない理由は2点あります。

ペットボトルの持ち込み不可

日本で手荷物検査の後にペットボトルを買っておけばいいのでは?と考えますが、それは不可です。

乗ってきた飛行機からペットボトルを持ち込むことはできません。

乗り継ぎでドーハ空港に入るときには手荷物検査があるからです。

持っているペットボトルは手荷物検査場で捨てることになります。

冷水器の水に注意!

空港内には冷水器が置いてあります。

しかし、冷水器の水は飲まない方が無難です。

というのも、以前にもドーハ空港を利用した時のこと。夫が冷水器の水を飲んでお腹を壊してしまったのです。何気なく飲んでしまったために、その後はお腹の調子が悪く食事がすすみません。

せっかくの旅行もあまり楽しめなくなってしまいますね。

ちなみに、他のジュースなども同じぐらいの値段でした。値段は高いですが、ここはあきらめて、買うしかないのです。

くれぐれも冷水器の水にだけはお気をつけください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

実際の経験にもとづいた話、備忘メモや興味を持ったことなど、なんでも書いている雑記ブログです。記事の内容がお役に立てばうれしいです!

contents