パソコンやスマホでFAX受信ができる、秒速FAX Plusを紹介します。


前記事で、パソコンやスマホからFAX送信ができる秒速FAXをご紹介しました。この記事ではFAX受信ができる秒速FAX Plusをご紹介します。

月額サービスとなりますので、1回限りの利用には向いていません。
スポンサーリンク

秒速FAX Plusとは

秒速FAX Plusとは、パソコンやスマホでFAX受信ができる月額サービスです。

紙ではなくてPDFで受信できるので、こんなメリットがあると思います。

  • データ管理に便利
  • 紙の節約になる

FAXの送信は、同じアカウントで利用できる秒速FAXという別のサービスがあります。

こちらの記事でご紹介しています。

パソコンやスマホからFAX送受信、安くて便利な秒速FAXを紹介します。
自宅でFAXを送受信できる環境が必要になり、秒速FAXを利用しています。 送信だけなら、即利用可能。コンビニから送るより価格が安くて簡単に利用できます。 また、送信するデータはPDFファイルにする必要があります。 1枚10...

料金について

初期費用:1,050円(全プラン共通)

プラン月額利用料FAX受信1枚あたり
SOHOプラン498円8円
ベーシックプラン798円3円
ビジネスプラン980円0円
はじめに4000円分のチャージ(ポイント購入)が必要となります。チャージしたポイントからお支払いするシステムとなっています。

プランの選び方


FAX受信枚数ごとにかかる費用を算出してみました。

月に50-60枚以下なら、一番安いSOHOプラン(月額498円/1枚ごとに8円)

毎月50-60枚を超えるなら、定額のビジネスプラン(月額980円/受信料金なし)

がおすすめです。

アカウント登録からFAX受信できるようになるまで

本人確認が必要

送信ができる秒速FAXはアカウント登録後すぐに利用できるようになりますが、受信ができる秒速FAX Plusは、本人確認書類のアップロード住所確認が必要となります。

本人確認書類のアップロードは、スマホで撮った画像をアップロードするだけと簡単です。

住所確認は、登録した住所に郵送でPINコードが届き、届いたPINコードを入力するという作業になります。

私の場合、翌々日にPINコードが簡易書留で届きました。すぐに利用したい方はご注意ください。

FAX番号の取得


FAX番号を取得するには初期費用1,050円がかかりますが、

はじめに4000円分のポイントをチャージする必要があります。

チャージしたポイントから、費用が差し引かれるというシステムです。

チャージが完了すると、番号が取得できるようになります。

 

市外局番を選ぶと、20件ほどのFAX番号が表示され、その中から選べるようになっています。

 


市外局番は、「03」「043」「044」「045」「048」「052」「06」「050」の中から選べました。

FAX番号とプランを選ぶと、FAX番号取得の完了です。

スポンサーリンク

秒速FAX Plusで、FAXを受信してみた


このように、PDFファイルがメールに添付されて到着します。

また、管理画面からも確認できます。

 


試しに送信してみたFAX送付状ですが、紙で受信するよりも画質がきれいです。