ITパスポート試験に合格しました!使った教材や勉強法など。

この記事は約5分で読めます。

ITパスポート試験に合格しました。

アラフォーの派遣事務(女)ですが、1回の受験で合格することができました。出題範囲を勉強すれば、誰でも取得できる資格といえるのではないでしょうか。

それでは、合格するまでにやったことを書いていきたいと思います。

使った教材はこの1冊のみ

使った教材は、過去問題集のみです。

過去問だけ!?と思うかもしれませんが、もちろん問題を解くだけではありません。分からなかった問題の解説を繰り返し読んで覚えるのがポイントです。

まず、本屋さんでテキストをパラパラと読んでみました。読んでみて、社会人であれば一般常識として知っている内容も結構あるなという印象を持ちました。そして、テキストを買わなくても、過去問の解説を理解するだけで十分合格できるのでは?と思ったのです。

そして、実際に買ったのは過去問1冊ですが、無事合格することができました。

問題を解いてみて、分からなかった問題の解説を重点的に覚えるだけで十分だと思います。もちろん、覚えられないところは何度も繰り返し学習しました。

テキストと過去問の解説を見比べてみても、書いてあることはだいたい同じ。だったら、分からないところだけ勉強しましょうという感じです。テキストを使わない分、解説が充実している問題集を選ぶといいと思います。

こちらの本はA4サイズで厚みがありますが、軽いです。持ち歩いて、カフェなどで勉強していました。

本のタイトルは「過去問題集」ですが、大きく分けて2つの構成となっています。

  1. よく出る問題集
  2. 過去問題集

「1.よく出る問題集」は、3つの分野ごと(ストラテジ系/マネジメント系/テクノロジ系)に出題。

「2.過去問題集」は、直近の2回分と、さらにPDFで3回分の合計5回分の過去問がついていますので、多くの問題を解くことができます。

もちろん、すべての問題に解説がついています。

問題集を買う時に、注意すべき点は最新版であること。

どんどん新しい用語が追加されていくので、最新のシラバスは要チェックです。

【ITパスポート試験】試験内容・出題範囲

すきま時間に問題を解く

やっぱり数をこなして、問題に慣れるのが大事!だと思います。

というわけで、空き時間にはスマホでサクッと問題を解くのがおすすめです。

私がお世話になったのは、ITパスポート過去問道場というサイトです。

電車での移動中や、寝る前のちょっとした時間に数問解いたりという使い方をしていました。

会員登録すると、間違った問題だけ出題する機能なども使えます。

その他、問題を出題してくれる無料アプリなどもあるので、探してみるといいと思います。

計算問題は捨てました

私は、計算問題が苦手です。

時間をかければ解ける問題もありますが、それよりは、覚えれば確実に点になる方を勉強した方がよいと考え、計算問題は完全に捨てました。

もちろん、数字が得意だったりスムーズに解ける人は普通に解くといいと思います。ですが、全体で見ると計算問題の割合はかなり少ないので、計算問題は解かないという選択肢もアリだと思います。

私と同じ計算問題が苦手な方、安心してください。

解かなくても合格できます。

試験前に本番環境に触れておく

やはり本番と同じ環境を試しておくことをおすすめします。

事前に操作方法に慣れておけば、安心ですよね。

公式サイトでは、本番環境と同じCBT疑似体験ソフトウェアを無償で配布しています。

パソコンをお持ちであれば、必ずダウンロードして、本番同様の操作を試しておきましょう。

学習期間は、余裕をもって3ヶ月とりました

集中して取り組むのが大事なので、試験日を設定してから勉強するのがおすすめです。

なんとなくダラダラやるより、スケジュールを立てた上で集中してやる方が効率的です。

私の場合、勉強できるのはほぼ週末だけなので、余裕をもって3ヶ月後に設定しました。

おおまかな学習スケジュール
  • はじめに
    新しく追加された用語を覚える(最新シラバス要check!)
  • 3ヶ月前
    分野ごとに問題を解いて用語を覚える
  • 2ヶ月前
    過去問を繰り返す
  • 2週間前
    CBT疑似体験ソフトウェアを試す
  • 1週間前
    覚えきれていない単語をつぶす

また、申し込んだあとでも受験日の変更をすることが可能です。

万が一間に合わなければ、試験日を延ばすのも手です。

落ちたら受験料がもったいないですからね…。

まとめ

ITパスポートは合格率50~60%と、難易度が高い試験ではありません。

出題範囲の用語の意味をしっかり覚えれば、合格できます。

最後に、私の合格のポイントをまとめます。

まとめ
  • 問題を解いて分からない問題の解説を中心に学習する
  • すきま時間に問題を解いて、慣れる
  • 計算問題は解けなくてもOK
  • 先に試験日を決めて集中して勉強する
  • 本番環境を試しておく

これから受験する方、頑張ってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました