iPhoneの画像を「heic」ではなく「jpg」で保存する、フォーマットの変更方法

「heic」ではなく「jpg」で保存する方法手順

iPhoneの画像をPCに取り込むと拡張子が「heic」になっていて困るという事態となりました。

なんとか「heic」から「jpg」に変換することができたのですが、そもそもheicではなくてjpg(jpeg)で保存できないの?ということで調べてみたら、iPhoneの設定でJPEG形式での保存可能とのこと。

設定画面から簡単に変更にできるので、いちいち変換するのがめんどくさい!という方は、はじめからファイル形式をJPEGにしておくのがいいかもしれません。

ちなみに、JPGとJPEGはほぼ同じだと思って大丈夫です。

contents

ファイル形式をJPEGにする方法

「heic」ではなく「jpg」で保存する方法手順
1.設定を開く
「heic」ではなく「jpg」で保存する方法手順
2.カメラを選択
「heic」ではなく「jpg」で保存する方法手順
3.フォーマットを選択
「heic」ではなく「jpg」で保存する方法手順
4.互換性優先を選択

高効率を選ぶとHEIC、互換性優先を選ぶとJPEGになります。

ファイル形式をJPEGにするメリット・デメリット

HEIC
JPEG
  • ファイル容量(小)
  • PCなどで開けないことがある
  • ファイル容量(大)
  • 一般的な画像フォーマットなので、互換性がある

iPhone上だけで画像を楽しむ場合には、HEIC形式のまま保存して、容量を気にせず使うのがいいでしょう。

撮った画像をパソコンなどに保存・編集するという方は、フォーマットをJPEG形式にしておくのがいいかもしれません。

私はすべてパソコンに移動する派なので、JPEG形式に変更しておきました。

すでに拡張子がheicになっている画像をjpgに変更する方法はこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
変換ソフト不要で「heic」から「jpg」に変更する方法!iPhoneの画像をパソコンに保存しよう iPhoneで撮った画像をPCに取り込んだら、拡張子がおかしい…。 「xxx.heic」ってなんだ?? パソコンで開けない!!という状況になりました。 とりあえずPCに、「heicか...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

実際の経験にもとづいた話、備忘メモや興味を持ったことなど、なんでも書いている雑記ブログです。記事の内容がお役に立てばうれしいです!

contents