heicではなくjpgで。iPhoneからパソコンに画像を取り込む方法

heicからjpg

iPhoneで撮った画像をWindows PCに取り込んだら拡張子がおかしい。

「.heic」ってなんだ?

開けない…困った…。という事態になりました。

とりあえずPCにheic→jpgに変換するアプリを入れてみましたが、毎回わざわざ変換するのもめんどくさい。

ということで、直接jpgで取り込む方法を探してみました。

これからご紹介する手順でアップロードすれば、変換不要でかんたんにJPG保存できます。

クラウド経由でアップロードする方法となります。

iPhoneとPCにクラウドアプリを入れておく

なんでもいいのでiPhoneとPC両方に、共通のクラウドアプリを入れておきます。

例えば…

  • Dropbox
  • One Drive
  • Google Drive
  • Amazon Drive

どれでもOKです。

iPhoneの写真アプリからエクスポートする


まず、iPhoneの写真アプリを開きます。

 

PCに取り込みたい画像を選択して、エクスポートアイコンをタップします。

 

続いて、クラウドアプリをタップします。

一覧にアイコンが表示されなければ、「その他」の中にあると思います。

 

ここからアップロードしていきましょう。

今回は、Google Driveにアップロードしています。

クラウドアプリによって手順が若干異なりますが、同様にアップロードしてください。

アップロードが完了したら、PCで確認してみましょう。

拡張子は.jpgになっているはずです。

ポイントはアップロード方法

PCで開いたらheicになっていしまうのは、

クラウドアプリからアップロードした時だと思います。

写真アプリからアップロードすれば、jpgで保存されるのです。

 

写真アプリからアップロード
クラウドアプリからアップロード

 

覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました