heicからjpgへ。iPhoneからパソコンにアップロードと同時に変換する方法

heicからjpg

iPhoneで撮った画像をWindows PCに取り込んだら拡張子が.heicになっていて開けない!ってことはありませんか?

PCにheicをjpgに変換するアプリを入れてみたけど、いちいち変換するのもめんどくさいですね。

以下の手順でアップロードすれば、変換アプリ不要でかんたんにJPG保存できます。

クラウド経由でアップロードする方法となります。

iPhoneとPCにクラウドアプリを入れておく

なんでもいいのでiPhoneとPC両方に、共通のアプリを入れておきます。

例えば…

  • Dropbox
  • One Drive
  • Google Drive
  • Amazon Drive

iPhoneの写真アプリからエクスポートする


まず、iPhoneの写真アプリを開きます。

 

PCに取り込みたい画像を選択して、画像のようにアイコンを選択します。

 

つづいてアップロードしたいクラウドアプリを選択します。

一覧にアイコンが表示されなければ、「その他」の中にあるはずです。

 

ここからアップロードしていきましょう。

ここではGoogle Driveにアップロードしています。

クラウドアプリによって手順が異なりますが、同様にアップロードしてください。

アップロードが完了したら、つづいてPCで確認してみてください。

これだけで拡張子は.jpgになっているはずです。

ポイントはアップロード方法

PCで開いたらheicになっている場合は、おそらくクラウドアプリからアップロードした時だと思います。

写真アプリからアップロードすれば、特になにもせずjpgに変換されますよ!

 

クラウドアプリからではなく、写真アプリからアップロードしよう!
タイトルとURLをコピーしました