【ロリポップ】WordPressのデータベースをバックアップする方法

ロリポップデータベースをバックアップする手順の備忘録です。

ロリポップ管理画面 → phpMyAdminにアクセスしてバックアップをとる方法です。

contents

ロリポップデータベースをバックアップする手順

ロリポップ管理画面

ロリポップの管理画面にログインします。

【ロリポップ】WordPressのデータベースをバックアップする方法

サイドメニューの「サーバーの管理・設定」から、

データベース ②操作する

の順にすすみます。

【ロリポップ】WordPressのデータベースをバックアップする方法

phpMyAdminを開く」を選択すると、別タブ(ウインドウ)で、phpMyAdminが開きます。

phpMyAdmin

ログインする

【ロリポップ】WordPressのデータベースをバックアップする方法

ユーザー名・パスワードを入力、サーバーを選択していきます。

ユーザー名・パスワード・サーバーは、前のタブ(ロリポップ管理画面)を開くと確認することができます。

【ロリポップ】WordPressのデータベースをバックアップする方法

このように前のタブ(ウインドウ)ですべて確認できますので、コピペしていきましょう。

  • ユーザー名:前画面のユーザー名をそのままコピペ。
  • パスワード:前画面でパスワード確認をクリックすると、ポップアップにてパスワードが表示されます(コピペ可)。
  • サーバーの選択:前画面のサーバーと同じものを選びましょう。

バックアップをとる

【ロリポップ】WordPressのデータベースをバックアップする方法

①サイドメニューで、バックアップするデータベース名を選択します。

②続いて、画面上タブのエクスポートを選択します。

【ロリポップ】WordPressのデータベースをバックアップする方法

データベース名も、ロリポップ管理画面で確認できます。

【ロリポップ】WordPressのデータベースをバックアップする方法

データベース名を確認して、「実行」をクリックするとバックアップデータが作成されますので、任意の場所に保存しましょう。

エクスポート方法、フォーマットなどは、デフォルトで大丈夫です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

実際の経験にもとづいた話、備忘メモや興味を持ったことなど、なんでも書いている雑記ブログです。記事の内容がお役に立てばうれしいです!

contents
閉じる