【iPhone】ゲームなどのアプリの動きが重い、遅い時に試してみて!メモリ開放方法

ゲームをしていると、画面がカクカク…とだんだん重くなってきました。

アプリを上にスワイプして強制終了させても変化がなかったので、メモリ開放してみました。

メモリ開放アプリを使わない方法です。

contents

iPhone メモリ開放の手順

ホームボタンがある機種の場合

電源をオフにする画面でホームボタンを長押しすると、メモリ開放できます。

※できない場合は、電源オフ画面を表示する方法でお試しください。

ホームボタンがない機種の場合

これまでホームボタンがある機種では、ホームボタンを長押しすることによって、メモリ開放ができました。

iPhoneⅩ以降、ホームボタンがないですね。(※iPhone SE除く)

ホームボタンがない機種でも、ホームボタンを作ることによって可能になります。

ないのであれば、作ってしまいましょう!

ホームボタンを表示させる

ホームボタンは、Assistive Touch(アシスティブタッチ)を使って表示することができます。

まず、設定からAssistive Touchまで進もう。

Assistive Touchの場所
  • 設定
  • 一般
  • アクセシビリティ
  • Assistive Touch

つぎに、Assistive Touch(アシスティブタッチ)をカスタマイズしよう。

  • Assistive Touchをオンにする
  • 最上位メニューをカスタマイズをタップ

つづいて、ホームボタンを設定しよう。

  • +-をタップして、2個のアイコンを設定
  • ひとつはホームボタンを設定、もうひとつは適当なものを割り当てる

ホームボタンを設定するだけなら1個のアイコンでよさそうですが、なぜか1個では機能しなかったので、2個(以上)のアイコンを設定しています。

これで、Assistive Touchにホームボタンができました。

メモリ開放する

電源オフ画面を表示する

「設定」の「システム終了」から「電源オフ画面」を表示しよう。

「電源オフ画面」の表示方法
  • 設定
  • 一般
  • システム終了(いちばん下です)

通常は、サイドの電源+音量ボタンの長押しで、電源オフ画面にすると思います。

しかし、通常の電源オフ画面ではこの方法が使えなかったので、この手順で電源オフ画面を表示しています。

「システム終了」から「電源オフ画面」を表示しよう。

ホームボタンを長押しでメモリ開放!

電源オフ画面が表示されたら、以下の手順でメモリ開放します。

  • Assistive Touchをタップ
  • ホームボタンを長押し
  • ホームボタンが青くなる

以上で、メモリ開放完了です。

ホームボタンが青くなったらOK

ちなみに、バックグラウンドで起動しているアプリが残っているので、メモリ開放されているのか不安になりますが、アプリを開くとちゃんと再起動されます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

実際の経験にもとづいた話、備忘メモや興味を持ったことなど、なんでも書いている雑記ブログです。記事の内容がお役に立てばうれしいです!

contents