パラパラと乾燥したフケ対策には「椿油」が効果ありです。


冬になって、突然、パラパラとしたフケが目立つようになりました。

もちろん毎日シャンプーしているし、最近シャンプーを変えたわけでもない。

どうしたものかと思っていました。

パラパラとしているので、どうやら乾燥が原因かなという気が。

冬になると顔や体は乾燥しがち。頭皮も乾燥しているのでは?と。

そこでたどり着いたのが、椿油。

結論から言いますと、すぐに効果がありました。

スポンサーリンク

フケを防止!椿油で頭皮ケアのやり方


シャンプー前に行います。

指先に、小さじ1、2杯程度の椿油をつけ、頭皮全体になじませます。

髪につけるのではなく、頭皮になじませるのがポイントです。

5分程度置き、ぬるま湯ですすぎます。

 

いつもどおりにシャンプー&コンディショナーをします。

油分が気になるようであれば、2回シャンプーしてもいいかもしれません。

なんともう、これだけで、翌日にはフケがなくなっていました。

ただ、ケアを怠るとまた出現してきたので、特に使い始めは、毎日の習慣にするのがいいかと思います。

その他、椿油の使いみち


60mlでこれくらいのサイズ。

椿油は、髪だけでなく全身に使える万能オイルだそうです。

ヘアケア

洗い流さないトリートメント

毛先の保湿などのポイントケアに。

洗髪後、タオルドライした髪に椿油を手ぐしで髪全体につけます。

  • ショートヘア:1滴
  • セミロング:1~2滴
  • ロングヘア:2~3滴

オイルパック

髪全体のダメージケアに。

シャンプー前の乾いた髪に、全体がしっとりするまで椿油をなじませます。

ぬるま湯でよくすすいで、いつもどおりにシャンプー&コンディショナーをします。

スタイリング剤

髪の広がりを抑えたいときに。

手のひらに椿油を1滴出して、手ぐしで髪全体にうすくつけます。

最後に、ブラシで整えます。

フェイスケア

クレンジング

毎日のメイク落としに。

椿油を10滴程度、乾いた手のひらにとります。

顔になじませ、円を描くようにメイクを浮かせます。

ティッシュでオイルを拭き取って、通常通りに洗顔します。

全身のケアにも

保湿オイル

入浴後の保湿オイルとして。

入浴後に、乾燥が気になる部分になじませます。

タイトルとURLをコピーしました