HISバスツアーレポ「三島スカイウォークと海鮮浜焼き&ぶどう狩り」【三島スカイウォーク編】

10月の3連休に行ってきた、HISのバスツアー「日本最長!天空の大吊橋「三島スカイウォーク」と海鮮浜焼き食べ放題&ぶどう狩り!夏の富士山ぐる~りドライブ♪」。

三島スカイウォーク編からスタートです。

三島スカイウォーク(三島大吊橋)


早朝7:00、新宿コクーンタワー(東京モード学園)前集合。

HISバスツアーの参加者である目印となるシールを貼って、目的地「三島スカイウォーク」にいざ出発。

バスツアーの朝は早いですね。

戻り予定が18:40なので、約11時間半の小旅行です。

途中、海老名SAでのトイレ休憩をはさみ、10:30頃到着しました。

三島スカイウォークとは

引用:三島スカイウォーク

全長400メートル、日本一長い吊り橋。

橋の上から、富士山や駿河湾、伊豆の景色が一望できます。

三島スカイウォークの正式名称は「箱根西麓・三島大吊橋」といいます。


添乗員さんからパンフレットと入場券を受取り、ここから施設内は自由行動です。

入場料は大人1,000円ですが、バスツアー代金に含まれています。

吊り橋を渡る

この吊り橋を往復します。

幅は1.6mあるとのことで、ラクにすれ違えます。


まだ雪がない時期だったのと、雲がわりと多かったことで、今回はあまりきれいに見えなかった富士山。

天気が良くて、富士山に雪がかかっている時期なら、期待できそうな雰囲気です。


こちらは、橋を渡った後にある展望デッキからの様子です。

景色がいいと、こんな風に見えるんですね。

そのほかの施設


吊り橋を渡っていると、なにやらアトラクションをやっている人たちが見えます。

これは、ロングジップスライドといって、高さ70mから300m滑り降りてくるアトラクションだそうです。

楽しそうですが、わたしは怖くてできません…


橋を渡った先に、受付がありました。

ロングジップスライドの他にも、セグウェイに乗ることもできるようです。

受付の前に、置いてありました。

時間があったら、セグウェイに乗ってみたかったなぁ。


他にも、子供も楽しめそうな施設もありました。

バスツアーでは、橋を渡って帰ってくる程度の時間しかないので、アクティビティを楽しみたい人は個人で行くのがいいと思います。

スカイガーデン


入場ゲートの外で、誰でも入ることができるスカイガーデン。

飲食やお土産を買うことができます。


入口ですぐに目に付くのが、ピンクのバラでできたゲート。

本物のバラで、とてもキレイで可愛かったです。


中に入ると、天井一面に植物のプランターが吊るされています。

この植物をながめながら、休憩したり、飲食することができます。


ここでは、1日に3000個売れるというソフトクリームを食べました。

富士山麓の牧場の生乳を使っているそうです。

ミルクの味が濃厚でおいしかったです。


ちなみにソフトクリームは、駐車場前の売店(SKY COFFEE)ではこのような行列になっているので、スカイガーデンで買うのがおすすめです。

ラグジュアリートイレ?


添乗員さんが事前に教えてくれた、総工費2憶円というラグジュアリートイレ。

そう聞いて、期待して行って参りました!


入口に、ゴージャスな椅子があります。

そして、中に入ってみると…

普通のきれいなトイレでした。


ラグジュアリーといえば、花柄のトイレットペーパーぐらいかなぁ。

なにも知らずに入ったら、とてもキレイでいいトイレだなと感じると思います♩

この後は、沼津の浜焼き食べ放題に向かいます。

タイトルとURLをコピーしました