ポット型浄水器 BRITAのFUN(ブリタのファン)に買い換えてみた!感想や使い方など。


浄水器を買い換えました。

今回、蛇口型からポット型に移行しました。

スポンサーリンク

いきさつ

これまで使っていたのは蛇口型浄水器

これまでは蛇口に取り付けるタイプを使っていました。

ずっとその蛇口型の浄水器のカートリッジだけ交換してきました。

でも、もう何年も使っているし、ちょうど交換時期のタイミングで本体ごと変えることにしました。

なぜポット型にしたか

まず第一に、使用頻度がそれほど多くないこと。

水を飲むのは薬やサプリを飲む時ぐらい。

あとはお米を研いだり、お味噌汁を作る時ぐらいなので、浄水器をつけっぱなしにしている必要はないと感じたからです。

実際、蛇口タイプの浄水器を外してみると、シンクがすっきりしました。

そういえば、実家には大きな浄水器があってすごく場所をとっていたなぁ、と思い出してみたり。

BRITAのFUNを選んだ理由

ポット型にもいろいろ種類はあるのですが、ブリタのファンは単純にかわいい。

ピンク、ブルー、パープル、ライムの4色展開しています。

私はライムをチョイスしました。

インテリアはシンプルなものが好みなので、色ものを買うことはほとんど無いんですけどね。

そして、お手頃価格と、コンパクトで場所をとらないという点が決め手です。

使い方


ポットの蓋を開けるとカートリッジが1つ付いています。


そのカートリッジを開けてみると炭の粒々が。

大丈夫か!?と思いましたが、これは天然素材の活性炭で人体に害はないとのこと。

何度か濾過すると、目立たなくなります。


カートリッジを水につけて気泡を抜いたあと、ポットにセットします。


水を注ぐとチョロチョロと水が流れ、濾過が始まります。

2、3回水を通したあと、飲み水として使用できます。1回の濾過の時間は約4分。


液晶画面です。

こちらは使った量に応じてメーターが減るのではなく、使っても使わなくても約2ヶ月で交換サインがでます。

そして、1日3.5リットル使った場合に約2ヶ月使えます。

使用状況に応じて、交換時期を判断した方がよさそうです。

我が家では1日に3.5リットルも使うことはないので、1つのカートリッジを2ヶ月以上使うつもりです。

交換サインがでたら一度リセットして、2クール目が終わったら交換しようかと思っています。

サイズ感


幅としては、牛乳パック2本分ぐらいでしょうか。

コンパクトで、冷蔵庫のサイドポケットに入れてみると、ピッタリ入りました。

お味のほうは

「水の味」と言われると正直よく分かりませんが、明らかにカルキ臭さはなく、自然に飲めます。

自然に飲めておいしいと思います。