5倍巻きのトイレットペーパーはコスパ◎でおすすめ!家事ラク&省スペース収納

我が家ではずっと2倍巻きのトイレットペーパーを使っていたんだけど、今は、5倍巻き・6倍巻きもあるんだって!

そんなにたくさん巻けるの!

すごいよね!さっそく買ってみたから比較してみよう。

地味に面倒くさいトイレットペーパーの交換。名もなき家事としても話題となっていますね。

たくさん巻いてあるロールに変えて、そもそもの交換回数を減らしてしまえば、手間が省けて家事もラクになります。また、ストックも少なくて済むので収納にも困りません。

いつも2倍巻きを使用している我が家ですが、今回5倍巻き&6倍巻きを購入してみたので、比較や使用してみての感想をレビューしていきたいと思います。

contents

5倍巻き(シングル)レビュー

  • Penguin(丸富製紙)
  • シングル
  • 250メートル×4ロール
  • 芯なし
  • 消臭機能付き
5倍巻きを取り付けてみたところ

芯なしですが、芯ありロールと同じぐらいの穴が空いているので、通常のロールホルダーで問題ありませんでした。

使い始めはロールが少し回しづらい感じがありましたが、だんだんスムーズに回るようになります。

また、20ロール相当のトイレットペーパーが4ロールで済むので、収納にも困りません。

6倍巻き(シングル)レビュー

  • Penguin(丸富製紙)
  • シングル
  • 300メートル×2ロール
  • 芯なし
  • 消臭機能付き
6倍巻きを取り付けてみたところ

6倍巻きも5倍巻きと同様、芯ホルダーの穴は空いていますし、使い始めは回転しづらいです。

また、12ロール相当のトイレットペーパーが2ロールで済むので、かなりの省スペースです。

両方使ってみた結果、5倍巻きと6倍巻きでは違いは感じませんでした。続いて、2倍巻きとの比較をしていきたいと思います。

比較してみた

我が家で通常使用している2倍巻きと5倍巻き・6倍巻きで比較していきたいと思います。

※2倍巻き=スコッティフラワーパック(日本製紙クレシア)/5倍・6倍巻き=Penguin(丸富製紙)で比較

素材をチェック

3種類並べてみました。厚みに関しては大きな違いは無いように思います。

触った感触に関しては、メーカーが異なるせいもあると思いますが、2倍巻きはやわらかいです。5倍巻き・6倍巻きはやわらかさはあまり感じませんが、しっかりとした素材で、ペラペラで使いづらいといったことはありません。

5倍巻き・6倍巻きとも、我が家では十分アリです。

重さを量ってみた

2倍巻き5倍巻き6倍巻き
重さ257g410g496g

2倍巻きと6倍巻きでは倍近くの重さの差がありますね。

直径を測ってみた

2倍巻き5倍巻き6倍巻き
直径11.7cm12.0cm12.6cm

我が家ではどのサイズでも設置に問題はありませんでしたが、2倍巻きと6倍巻きでは直径1㎝近くの差がありますのでご注意ください。

料金を比較

2倍巻き5倍巻き6倍巻き
1ロールの長さ100m250m300m
ロール数6ロール4ロール2ロール
価格※426円572円420円
1mあたりいくら0.71円0.57円0.70円
※2022/4/18の価格で計算しています。

結局どれがお得なの?ということで1mあたりの価格を算出してみました。

1mあたりの価格がいちばん安いのは5倍巻きという結果となりました。※販売価格は変動することがありますのでご了承ください。

いちばんコスパがいいものを買いたい!という方は、1mあたりの価格を計算して購入するといいですね。

1mあたりの価格

価格÷(1巻の長さ×個数)=1mあたりの価格

まとめ

  • とにかく交換回数を最小限まで減らしたい!という方は、6倍巻き
  • いちばんコスパがいいものを選びたい!という方は、5倍巻き

このような選び方でいいのではないでしょうか。

今回は、交換回数を減らしたい&省スペース収納が目的なので、そもそも素材にこだわりのある方は向いていないかもしれませんのでご了承ください。

我が家では、5倍・6倍巻きの素材に関しては問題はなく、コスパ重視ということで5倍巻きを購入していくという結論になりました。

ラクできて、安いものを買います!

\ コスパ最強!5倍巻きシングル /

\ 5倍巻きはダブルもあるよ /

\ とにかく交換回数を減らす6倍巻き /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

実際の経験にもとづいた話、備忘メモや興味を持ったことなど、なんでも書いている雑記ブログです。記事の内容がお役に立てばうれしいです!

contents
閉じる