【Excel】数式がずれない絶対参照のやり方をわかりやすく解説

数式がずれない絶対参照のやり方をわかりやすく解説

セルをコピーしたら、計算式がずれてしまった!列や行を追加したら数式がおかしくなった!という場合に使えるのが、絶対参照ぜったいさんしょうです。

contents

絶対参照とは?

絶対参照とは、参照するセルを常に固定することを言います。絶対参照をすることによって「計算式がずれる」といったことがなくなります。

絶対参照にすると、セルをコピーしたり、列や行を増やしたり減らしたりしても、同じセルを参照してくれます。

セルを絶対参照するには 、$ドル をつけるだけです。

A1 → $A$1

$マークが入ると難しく見えますが、[F4]キーで簡単に切り替えられます。

絶対参照するショートカット

手入力で「$」を入れることも可能ですが、[F4]キーで絶対参照に切替えることができます。

[F4]キーを1回押すと列も行も固定、2回押すと行が固定、3回押すと列が固定となります。

  1. 列・行とも絶対参照(アルファベットと数字の両方の前に$)
  2. 行だけ絶対参照(数字の前に$)
  3. 列だけ絶対参照(アルファベットの前に$)

それでは、A1を例に見てみましょう。

絶対参照の例
  • 通常 A1
  • 列・行とも絶対参照 $A$1
  • 行だけ絶対参照 A$1
  • 列だけ絶対参照 $A1
これでずれないにゃ~

参照セルを動かしたくないときは、絶対参照を使おう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

実際の経験にもとづいた話、備忘メモや興味を持ったことなど、なんでも書いている雑記ブログです。記事の内容がお役に立てばうれしいです!

contents